桃色style 最新記事トップへ

カテゴリー別ページです!

ペット - 桃色style

桃色style ホーム » ペット
ランダムミニSS =100枚=
時々思い出して更新します。2010.5.2
いつかの日  08月 15日 月曜日 [日々の独り言]
いつか この日が来るのは分かっていました。

8月9日、午前7時 T君が天国に旅立ちました。

16-0812.jpg




17歳9ヶ月、、ずいぶん長くそばにいてくれました。

1.2日ぼぉーっとしていました。
その後の数日は ブログにどうやって書こう?
ということよりも、書いたらまた思い出して泣けてくるだろうし
なにより現実としてもっとはっきり理解してしまう気がして書けませんでした。



16-0812-1.jpg

外付けHDD2台から拾ってきた500枚ほどの昔のT君の写真。
今のPCにフォルダを作ってまとめました。
目が黒いT君をすごく久々に見ました。
ずいぶん前から白内障で真っ白だったので。

HDに入っている画像=2004年3月が一番古くて
考えてみたら FFXIを始めたのが2003年10月だったと思うので
管理人のネット生活が始まった頃。 
なので、HDに残っていた画像はほとんどブログなどに載せる目的で撮ったweb用
印刷には向かないサイズの小さいものばかり。
今頃になって、印刷することも考えて撮ればよかったなぁ~と後悔しました。

けれどネットゲームを始めたことで ブログやホームページを作り始めたことで
人生観?というと大げさですが、考え方とか目線がおおきく変わっていった時期。

もしかしたらT君のいた17年が 管理人の人生で一番充実してた時代なんじゃないだろうか。


記憶容量が少ないのであんまり覚えてないのですが
抜け殻のようで何もする気が起きない今だから そう思えるのかもしれません。


16-0809.jpg

最期のお別れの後 少しのご飯とお花、感謝の気持ちを書いた手紙
何年も前からT君が旅立つとき包んであげようと決めていた
管理人唯一の全手縫いのパッチワークキルトと一緒に 火葬炉へ。

ひねくれものだし プライドが高いから?負けず嫌いだから?
いままで人前で声を出してぜったいに泣かない管理人でしたが
このときはどうしようもなく泣いてしまいました。

外はぬけるような青空でした。




今日は、ペットサークルを解体して隣家に返しにいってきました。
玄関あたりにはまだ新聞紙などに包んだコンクリートブロックがいっぱい置きっぱなし。
ここ数ヶ月で作った介護用品や、T君の服がどうしても捨てられません。
置いておいてもどうしようもないのですが。

ずっとお世話になった動物病院の先生にもまだお知らせしていないし
近所へ夜中の鳴き声の件でお詫びの手紙を6月に配ったままで最期の報告をしてないし
役場にも届出していません。
優先順位は、ご近所>獣医さん>役場 かなと思っていますが
暑さのせいもあって、ぼぉーっと過ごしているだけです。

「ペットロス」っていう言葉もあるし
数年引きずる人もいるらしいです。
管理人は情の深い心のやさしい人間じゃないので
そんなに長く引きずることはないんじゃないかなぁと思いますが
元々情緒不安定な躁鬱っぽいところがあるので・・・・・どうなるのか自分でもわかりません。



もっともっと気持ちが落ち着いたら
このブログにも、、T君の写真をまたのせるかもしれません。



場所を何度も引っ越しましたが ブログを始めて13年以上。
何度となく書いたT君の話。
覗いてくださる少数の奇特な方々の記憶にも少し残っているかと思います。

あたたかく見守っていただき、ありがとうございました。


mixiでCheck入れる!

web拍手

立ち上が~れ、立ち上が~れ、立ちあg  07月 18日 月曜日 [日々の独り言]
前回から少し日が経ちました。

9日の更新後、10日(日曜)にまた病院に連れて行きました。

食べない飲まないのでまた点滴をしましたが
こういう延命処置が はたしてT君にとっていいことなのか
毎回ものすごく嫌がって暴れるのに・・・・
辛い思いをさせてまで生き長らえさせるのは人間の勝手?

ものすごく悩んでしまいます。

透析と同じ役割なので やめたら“終わり”。
どのくらい続けるかというのは、飼い主によって様々で
1ヶ月に1回程度~毎日まで。


夜中に鳴き続けて寝ない件については

強い安定剤をもらいました。
でも、強いのでヘタするとこん睡状態になって
二度と目を覚まさずそのまま息を引き取る可能性もあるとかで
その点だけは理解してくださいとのことでした。

大声で鳴き続けることに関しては
ひとつのやり方として 猿ぐつわのような口かせをつけて
口を開かなくすると吠えなくなりますよ?と
診察室の奥から現物を持ってきて説明してくれました。

それは しっかりしたメッシュ地で、
形は円錐台の広いほうに紐がついている感じ。

おそらくですが、動物病院での治療処置で
吠えたり噛み付いたりを一時的に封じる道具なんだろうなぁ~と。
獰猛な大型犬だっているでしょうし~

とても親切な看護師さんから、寝たままのときのお水やペーストの与え方を教わりました。
注射器の先に短いストローの管をつけて 
水やペーストを口の横から差し込んで流し込むと
飲みたかったらちゃんと飲み込むし
要らなければそのままこぼれるのでタオルなどの敷物を口の下に敷けばよい
とT君で実演してくれ、とても参考になりました。
しかも、T君ちゃんとペロペロと飲み込んでいて狂喜しました!!

いあー無知な飼い主でもうしわけない・・・

使うのが恐い強い安定剤と、
非常に高栄養のペースト状の缶詰を試しに買って
八方塞な数日だったので、少し気分が楽になりました。

で、
帰ってから さっそく口かせも作ってみました。
病院で見ただけのものなので、いつものように要らない布で立体裁断方式。

16-0711.jpg

T君の口の形に合わすのが大変でしたが
3つくらい試作してそこそこ使えるかな?というものができました。


ただ・・・・かわいそう過ぎる;

とても見ていられない光景でした。


10日の夜 強い安定剤(シロップではなく錠剤)をなんとか飲ませ
鳴き続けるT君の口に、作った口かせをつけました。

口が1センチ程度しか開かないので声は出ても大きくないしこもったような音なので、
外までもれない感じの音量まで下がった感じでしたが
ただ、、かわいそう過ぎて正視できませんでした。


その夜は、、いつもよりずっと静かでしたが
息しているか気になって眠れませんでした。

安定剤の効果は

最初、コレ効いているの?てくらい浅い眠りを繰り返していましたが
早朝(4時くらい)あたりから 徐々に熟睡しはじめ
朝には、口かせを外してもほぼ鳴かなくなり 
少し起きてはまた眠り~を11日夕方まで繰り返していました。


その日を境に


T君は、大きい声で鳴かなくなりました!


その理由を、16日に病院に行ったとき聞きましたが

・大きい声を出す体力がもう残っていない

一晩の口かせがよほどこたえたのか 鳴いたら口かせをされると学習した

どちらか、わからないと言われました。

たしかに10日の夜以来、食事などの後に口の周りを拭こうとすると
この世の終わりのような暴れ方で抵抗するようになりました。
猿ぐつわが死ぬほど堪えたのかもしれません・・・・


人間が思っている以上に いろいろわかっているのかも。。。


そんなT君、昔から “同じ物を続けて食べない”えり好みの激しい嗜好でしたが
食べなくなって、しかも日々薬を飲まさなければならない状況になって

(どういう素材、どういう形状、どういう味付け)だったら食べるのか?!

毎日、大変です。

このところの一番食べそうな時間帯は・・・・・・午前4時


そんな、、もしかしたら数日かも~と言われたT君

目も開けられず鳴き続けて・・・・ もうだめだと覚悟してから


16-0716.jpg





[広告 ] VPS


T君、再び立ち上がりました!

先生もビックリw

オマケでセミの鳴き声もすごいです!!w


そう・・・何週間ぶりか・・・窓を開けることが出来ました。
窓やドアはずべて閉めサッシについている通気口もすべて締め切って
少しでも音が漏れないようにし、24時間エアコンをつけっぱなしにしていましたが
ようやく、窓を開けて換気もできるようになりました。

というか、6月初めの連続てんかん発作で確実に寝たきりを覚悟したときも
リハビリをがんばってまた立ち上がることができた がんばりやのT君が
またやってくれたんですよね~

静止画とあまり変わらない? ほとんど動いてないT君の動画で申し訳ないですw


でも

トイレは起きてやるんだい!!

ご飯も自分で食べるんだい!!


そんな感じで いつも一生懸命立ち上がろうとします。(起きれないと小声でヘルプ鳴きをします)
まあ意気込みだけで実際は自力で立ち上がれるのは4割程度

2日ほど前の夜中に 悲壮な鳴きで目が覚めて見に行くと
T君が玄関のたたきに落ちて倒れていました

以前はブロックで囲ってあったのですが
もう歩くことはないと思って 人間の通りやすいように撤去してしまってたので
夜中に彷徨って転落したんだと。。。
目が全く見えないから・・・・
でもまさか玄関まで移動できるとは予想してなかったので・・・迂闊でした。
すぐに、またコンクリートブロックでバリケード復活させました。

ご飯にいたっては
食べる意欲があっても場所が分からず首を左右に振りまくるので
頭を固定しつつ食器の中のご飯が鼻先に来るように食器を回転させつつ食べさせています。

まあそれでも食べる意欲があれば万々歳で
ほとんどが 時間かけて作ってもそっぽを向かれ どうやったら食べてくれるか
日々頭を悩ませていますが・・・・・

小さい声でクゥ~ンクゥ~ンと鳴くだけになった

それだけでも十分飼い主孝行というものです!


10日以降、安定剤はどっちも使っていません。



16-0717.jpg


抗てんかん薬は 1日2回飲ませる努力はしていますが
食べ物に混ぜても食べなかったり、牛乳に混ぜて注射器に入れて注入しようとして失敗したりで
実際どれくらい体に入っているのかわからない現状なので
この先、てんかんの発作が起こらないという保障はまったくないし
食べない飲まない状況が続けば どんどんやせて体力はかぎりなくゼロに近づくし
心配は尽きませんが

それは老犬の飼い主みんなにいえることだから

毎日、自分のできることを頑張る!
T君のがんばりに応えるためにも!

そんな気持ちです。


あ、追記w

前回のバケツ風呂気持ちいい~~ のその後ですが

わざわざ、バケツでは狭いだろうとホームセンターでプラ製の米びつ?(12キロ)
四角くて、イメージとしては宅急便の80サイズくらいでしょうか?w
ラベンダーの精油と、クッション代わりのプチプチも用意して

いざ、2回目の入浴タイム!!




嫌がって 大暴れでした・・・・
mixiでCheck入れる!

web拍手

水の恵み  07月 09日 土曜日 [日々の独り言]
昨夜(8日の夜)は、風はたいしたことなかったもののどしゃぶりの雨が続き

一気に地面が冷えて


感動の涼しさでした!\(@^0^@)/


と同時に 

外の雨音でT君の鳴き声がかなりかき消されていました!!

いつも夜中になると鳴き声が気になって
・・・というか確実に外まで聞こえているので(T_T)

ものすごい雨音が T君の鳴き声をそうとうごまかしてくれたと思います!

何をしても鳴きやまないのでなすすべもなく心痛が増す一方だったので
昨夜ほど雨の音をありがたく思ったことはありませんでした


相変わらず起きているときはほとんど鳴き続けているT君。

動物病院での1本目の安定剤から24時間の間に、
計3回安定剤シロップを使いました。
効果はすごく個体差があるとは聞いていましたがT君にはあまり効かない様で;;
ヘタすると1時間、まあだいたい2時間半で鳴き始める感じです。

次回病院に行ったら、1回の量を増やしてもいいか聞こうかなぁと考えています。

できれば夜中は、4,5時間効いていてほしいんです。


そんなT君、、今日もオムツからおしっこがもれて体が濡れてしまったので
洗面所で体を洗おうとして、ふと・・・

今までは散歩から帰った後など立たせてシャンプーや足洗いをしていて
その習慣で洗面所で体を洗う=寝転がらせるしかないと思ってましたが
今はもう座ることもできないんだから いっそバケツに入れたらどうか?

五右衛門風呂のように! そのほうが安定するんじゃ?


T君は昔からシャンプーうあお風呂、とにかく水が大嫌いで
シャンプーもとても嫌がって毎度大変でした。

やー、バケツにいれたら、余計に暴れそうだぁ;;


そういう予想でした!



ところがー



[広告 ] VPS


えええええええええええええええええ???



寝てしまった!w( ̄Д ̄;)w

直前までものすごく鳴いていたのに・・・?


濡れて寒かったのか・・・?

それとも手足がこわばって痛かったのか・・・?

浮力で多少浮いて体が楽なのか・・・?


なぜだか理由はわかりません。


けど人間でも長湯をしたら体力消耗するし
それでなくてもHPはもう少ないはず、、
と気になり始めた矢先にT君がまた鳴き始めたので
バケツ風呂から出して体を拭いてドライヤーで乾かしました。

結局、30分くらい浸かっていました。

良いのか悪いのかわかりませんけど
もし今度バケツ風呂に入ることがあったら
今度は、リラックス効果のあるラベンダーオイルをいれたアロマバスにしてみるつもりです。
まあ、人間と犬でリラックスする匂いは違うかもしれませんが


今日は、雨で 地面が冷えて涼しかった
雨の音で鳴き声をかき消してくれた
T君お湯に浸かって気持ちよさそうに寝てた

水の力は 偉大だなぁ~   と感じた日でした!

mixiでCheck入れる!

web拍手

急変、そして選ぶことができるか  07月 08日 金曜日 [日々の独り言]

7日に書いた記事のあとの話です。
といってもその記事を書いてから24時間しか経っていませんが。


隣家で借りてきたペット用サークル・・・遅かったです。
7日の早朝~8日早朝にかけての数回のてんかん発作で
まったく手足が動かなくなりました。

つまり フラフラとでも歩けなくなってしまったので
サークルで囲う意味がなくなってしまったという・・・

そして、どうやっても鳴き続ける状態、寝ている状態のどちらかだけになりました。


運の悪いことに7日は木曜で病院が休みだったので
8日の午前中に病院にT君を連れて行きました。


[広告 ] VPS


診察台で点滴中のT君動画(18秒)


獣医さんの話では

脳のダメージがかなり進んでしまっていて
もしかしたら、あと数日かもしれません。
とのことでした。

病院でも鳴き続けていたので
先生も、、T君の体力消耗だけじゃなく飼い主側の疲労や近所迷惑を考えてくれて
安定剤を出してくれました。

本来なら1日1回らしいですが
1日何回まで使っていいですか?と聞いたら
「うーん、、3回・・・・いや、、もう回数は気にせずに」と。
多用を気にするほど寿命が残ってないということなんだな、、と思いました。

いつもの点滴をしつつ、その安定剤(シロップ)を
その場で1回目として飲ませてくれました。



[広告 ] VPS



点滴が終わって待合室へ出てきたところのT君。(16秒の動画)

まだ安定剤が効いてないので鳴き続けていますが
ほかのペット連れの来院者は、うるさいとも言わず心配そうに覗き込んでくれたり
クッションを抱えている管理人にドアを開けてくれたりしました。


いままでは、素で測っていた体重も
今回はもう、クッションのまま診察台に乗せてて測ることもなかったです。。。

でも、抱っこしててもわかりました。。ガリガリに痩せてめちゃくちゃ軽いことを。




[広告 ] VPS


帰りの車の中のT君(15秒の動画)

信号待ちの間に運転席側から助手席側のT君を撮ったので見にくいですが(/--)/
仮死状態?と思うほど、手足も震えず口が半開きで熟睡しています!!!
(車内のBGMは気にしないでください(・:゚д゚:・))



てんかん発作を抑えることが優先なので、薬が1日2回になりました。
48時間まったく固形物を口にしなかったT君が8日に日付がかわった深夜に
突然人間用シリアルをガブガブ食べたのも、自分の意思というより本能的なものという感じで
同じように、鳴き続けるのもどこから痛い、何かの要求という意味合いとは思えなくなってきました。

T君がどう思っているのかわかりません。。

先生に、安楽死について聞きました。
先生は 
動物は死にたいと思っているわけではないです。
ここまで長い間がんばってきたんだから 最期まで看取ってあげてほしいとは思いますが
飼い主さんの体の限界もあるしご近所のこともあるので、それはやはり飼い主さんの判断です、と。

ネットでもいろいろ調べました。
読んだ限りでは どちらの結論を出しても その逆のほうが良かったんじゃないかと悩み
飼い主は自身が100%満足できる結果だったとは思えず、なにかしらの後悔がかならずある、と。

決める ということがとても苦手な管理人なので
近い未来、、自分はどっちの後悔をするんだろう。




mixiでCheck入れる!

web拍手

願い  07月 07日 木曜日 [日々の独り言]
ツイ速でも書きましたが 1ヶ月近くおさまっていたT君のてんかん発作が
今朝(夜中3時半)に起きました。

正確には、居間に寝ていて鳴き声で目が覚めたので
行った時は、今までと同じで発作がおさまって我に返って
起き上がろうとパニック状態になっているときでした。
でも、口の周りに白い泡のようなものが付いていたし鳴き声も
あの6月初めの連続して起こったときに近いものだったので
推測ですが てんかんの発作が起こったのかなあと。

今回は その後発作はないようでしたが
T君自身なにか不安とか辛さとか感じるようで
1日のうちほとんど寝ているはずが 30分くらい寝て1時間半鳴き続けるの繰り返し。

16-0707.jpg

目が見えずふらつきながらいのししのように前に小走り→転げるを繰り返すので
あちこちにクッションマットを詰めたり当てたり。

今日の夜、隣家からペットサークルを借りてきて組み立てました。

16-0707-1.jpg

パニック状態で 歩く→転倒→鳴く→(人間が)起こす→歩く→転倒→鳴く
をずっと繰り返していて、体力の消耗が激しいから

16-0707-2.jpg

目も見えないし、狭いところに入れられたとはもう感じないんじゃないか

これだったら、立ち上がらせても歩く距離も限らて体力の消耗も減らせるし
フローリングや周囲のモノでケガや骨折の可能性も減るんじゃないか

もう、たぶん 体力勝負だと思うんです。

てんかん発作が起きるたびに 一気に衰えるうえに
ここ40時間くらい何も食べていません。

いろいろ作ったんですがまったく食べない(T_T)


6月16日のT君。

16-0616-2.jpg


この頃はリハビリでなんとか歩けるようになってきていて
最初2段積みだったコンクリートブロックで両側から倒れないように支えていたのも
1段になってかなり安定してきていました。
ハの字になっているのは、匂いがしてもご飯の入れ物がどこかわからなくて
首を左右に振るために、的を絞る意味合いでハの字にブロックを置いています。


7月2日のT君

16-0702.jpg

安定はしてきてブロックなしでも倒れることはほぼなくなったものの
食が細くなって体重も減り、、しんどいんだと思うんです。
7月に入って座りながら食べることが多くなってきました。


でも、5日を最後に6日、7日と固形物をまったく食べなくなり・・・・

水分と栄養をどこまで摂れるかという重要ポイントが
とうとう守れなくなってきました。
それに追い討ちをかけるように発作がおき一気に衰弱。。。

あと、、何日、、、たぶん、、それくらい

辛い思い、しんどい思いができるだけ少なくすめば・・・それだけです。




mixiでCheck入れる!

web拍手

カスタム2  06月 23日 木曜日 [日々の独り言]
前回のT君記事から2週間。



9日夜のT君

16-0609.jpg

緑色のボードはお風呂マットのようなクッション性のあるウレタン素材で
テンカン発作後のパニック状態のときは、これで大きなサークルを作ってましたが
脳の運動野が部分的に麻痺?で立てず、それから度重なる発作に慣れたのか
傾きながらの徘徊がなくなってきたので、マットは防水込みの布団に。

新聞紙でサンドしているのは、ビニール袋にいれた小さい毛布です。

紙オムツのサイズがジャストサイズというのが難しく
この日の深夜、大惨事が起こりました。

ラグがダメになり・・・・
ちょうど衣替えの時期だったので夏用の藤のラグをと思ったのですが水洗いが出来ないので
急きょホームセンターで安い水洗いできる敷物を買ってきて変えました。

ついでに もう管理人の部屋で寝ていたことを覚えていないので
居間に新しいT君用スペースを作りました。

16-0611.jpg

それに管理人の部屋は、隣の家と接近しすぎているので
万が一夜鳴きするとひどい近所迷惑に。。
居間が一番近所から離れているってこともあります。

それから次に取り掛かったのが

起き上がってもフラフラで立てないT君をささえる介護のために、
右ひじ腱鞘炎が悪化した状況をなんとかすること。

頭の中で、構造を考えた後 要らない布を大まかに切って(いわゆる立体裁断w)
その布をT君に当てて直接印や線を書いて補正。

その布から、型紙をおこします。

16-0610-2.jpg

いつものカレンダーの裏w

16-0610-3.jpg
 
それから、裁断して縫う!

16-0610-4.jpg


イメージがハッキリしている立体モノは、紙で小さな模型を作ったり 
こんな風に布を造りたい形に当ててそこから型紙を起こすというのはよくやる手ですw


16-0616.jpg

完全オーダーメイドw 完成! 
背中がマジックテープで全開します。
力のかかるところは、しっかりしたデニム素材で。
残りは通気性がよく伸縮性のあるメッシュ地で(これからの季節を考えてw)
前足、後ろ足それぞれ2箇所ずつ補助ひもで人間が立ったまま吊り上げる形になります。

こうすることで、中腰のまま両腕で体を支えるという長続きできない体勢から開放されます。

T君自体も、真上から少し持ち上げられている感じなので
歩きリハビリもしやすいんじゃないかと。
自分で起きようとする気持ちがある限り
できるだけ寝たきりにならないように。

あーもちろん、洗濯の替えももう1枚作りましたよ?w

16-0615.jpg

紐をはずしても、短い持ち手つきです。

フィット感がイマイチだった紙オムツも、この補助服で固定することで
ずいぶん漏れを防げています。

16-0614.jpg

横を向いて寝ているので、金具が下敷きになって痛くないように
少しつけ位置に距離をとっています。

作ったのは10日で それから深夜などないて起き上がろうとしたら
紐をつけて 少し歩く練習をしたりしていました。

白い座布団のようなものは
数ヶ月前に 使うかもしれないと思って買った介護用防水シート(本来は人間用)
で、中にキルト芯を入れてクッション性を持たせたT君専用敷布団ですw


足腰が少しずつしっかりしてきて ちょっとず自分でも歩けて移動できるようになってきました。

四六時中そばにはいられないので、気づくと床や、いろんなところで寝ています。
自分でゆっくーりしゃがむように座りコテンと寝れるときもあれば
ステ~ンの転んでそのままその場で寝ているときも。。


16-0616-1.jpg


管理人の部屋まで自力できたとき、昔の寝床がそのまま置いてあるので
そこに寝かせてたとき。

16-0617.jpg

でも、覚えてない感じです。



実は、管理人が気分転換で名古屋に行った19日を境に
またほとんどご飯を食べなくなりました。

どんどん痩せていくT君。

獣医さんの話では
これからは、水分と栄養をいかにとれるかにかかっていると言われているのですが・・・・
自費の点滴にも限界があるし・・・・T君自体も毎回注射は辛そうだし・・・



16-0615-1.jpg

鼻に、グラノーラがついているT君w

T君が、、やすらかだったら どこも痛いところがなく 辛さもなかったら 


それだけが願いです。


mixiでCheck入れる!

web拍手

明日のことよりも~  06月 09日 木曜日 [日々の独り言]
突然というか、、
6月5日(書いたのは4日の深夜)に書いた記事では
T君は、哀愁を漂わせて立って外を見ていましたが

それからたった2日で フラフラで数歩で転倒
その24時間後には 支えなしでは座ることもできなくなりました。

四肢が硬直変形してしまったみたいです。

1日に十数回のテンカン発作を起こしたせいか、、この急激な変化に
管理人は、まったくついていけてません。
ここ数日は、ほぼT君にかかりっきりでした。
てんかん発作の正確な原因はわかりません。
肝臓、腎臓の機能不全によるものか、脳神経のなにかか。

最後の冬かな~とダンボールの防寒壁を作ったのが3年くらい前で
それから、どんどん簡素かするダンボール壁を新しくしてきましたが
なんだかんだ言いつつも、ずっと居てくれるような錯覚?夢をみていたんですね。

日曜に急変してから二晩 T君共々管理人も細切れにしか寝れなくて
ショックと疲労でどうかなりそうでしたが
昨晩(火曜の夜~水曜の朝)は、とんぷく的な座薬と安定剤を使うことで
まとまって寝ることが出来 ずいぶん体も楽になり気持ちにも余裕が少し出てきました。

覚悟というのは、ぜんぜん出来てないですが
これからどれだけ続くかわからない介護生活のことも考えて
気持ちを明るくもたないといけないなって考えられるようになりました。


16-0608.jpg

すごい変な寝方をしていますが
これは、麻痺があって痛いのかわからないですが、左を下にして寝ないんですよね。
でも、獣医さんに 
「人間が寝たきりになると床ずれができるのと同じで 犬もできるから
なるべく日ごろから向きを変えたり 手足の屈伸などのマッサージを」
といわれたので、わざと左を下にして寝かせたら
鳴きながら脚をバタつかせてなんとか上向きにまで回転させて
そのまま寝てしまったところを撮ったものです。

16-0608-1.jpg

元気なときは、こんな寝方したことないんですが
度重なる発作もあって疲労も大きいんでしょう。

オムツは今日買ってきました。
大昔、1歳でまだ去勢手術してない頃
隣家のチーちゃん(ヨーキー♀)が好き過ぎて
隣家に行くと、ストーキングしつつあちこちにおしっこをするので
隣家に行くときだけ1歳でオムツをしてましたw
その時感じたのが、、サイズが合わない。

体重のわりに胴が長いんですよね。。
16年以上経って買ったオムツもやっぱり合わない・・・・

これは、、サスペンダーのようなものをT君の体型に合うように考案しないと意味がないなぁと。

T君自身も、この急激な“上手く動かない体”に
悲しいという感情があるかどうかわかりませんが
ボケているわけじゃないので 起き上がってトイレに行こうともがいて鳴いたり。
でも抱っこして今までのトイレの場所に連れて行っても 立てないので出ず
結局 新聞紙の上に寝かせるとそこでおしっこをしてしまう感じです。

以前から目が見えなくてお水はなかなか飲んでくれませんでしたが
今の重要な水分は、、犬用の牛乳です。好きでよく飲みます。

ご飯は、、獣医さんから (もう最後の晩餐に近いイメージ)
食べるんだったらもう味の付いた人間用のでもいいですよ
と言われたので、薬はチーズに押し込んで丸めてあげ
ご飯は 乾パンを細かく砕いてスキムミルクで柔らかくしたり
少量ではありますが、ちゃんと食べています。
明日からは、一度の量が少ないので何回かにわけたほうがいいかなぁ~とか思っています。

でもこの状態も、もしかしたら短期間で変わってくるのかもしれません。
それくらい、衰え方が普通じゃない感じです。

体の負担になるからなるべく使わないよう言われている
座薬(抗てんかん薬)と、深夜に鳴き続けたとき用の安定剤は
昨晩1個ずつ使っただけで今晩はまた使っていません。

発作がおさまった後鳴き続けるのは、不安や怖さからじゃないかという獣医さんの話でしたが
ひどい鳴き方をしないのは もしかすると少し慣れてきたのかもしれません。
逆に、なき続ける体力がもうないのかもしれません。

深夜になるとまったく無音に近くなる静かな住宅街で
二晩ほど鳴き声を響かせてしまったので
昨日、隣接している7軒の家に、事情を書いたお詫びの紙をポストに入れてきました。
今日になって、5軒の家の人たちがメールやら手紙やら直に家に来てくれたりして
聴こえないから大丈夫、と気遣ってくれました。

田舎だし、ほとんどの家が犬を飼ってるので
そこらへん、事情をさっしてくれたんだと感謝しました。
動物病院でも、出会う人みんなが
横たわっているT君を見て かわいそうに・・・と心配そうに声をかけてくれます。


明日かもしれないし、、数ヶ月先かもしれないし、、、

不精でいい加減でルーズで自己中な管理人なので
めちゃくちゃがんばる事はできないでしょうけど
無理せずできるだけ明るい気持ちで~って思えるまで気分が回復してきました。


ツイ速に、中途半端に書いたので そのまとめと途中経過でした!


あー 整形外科の件は


右ひじ、腱鞘炎。

手指の使いすぎだそうです。


もう1ヶ月ほど前から右ひじが痛かったのですが たいしたことないし~と放置してました。
でもたぶんT君を支えたり抱っこしたりで 急に悪化したんじゃないかと。
車のハンドルをきるのが痛くてきびしくなってきたので、今日病院にいってきたら
そういう結果だった!というw

まあ、最初のきっかけは・・・・思い当たるんですけどねw
その件は、また後日~

おやすみなさい。

mixiでCheck入れる!

web拍手