FC2ブログ
桃色style ホーム » スポンサー広告 » 花と緑 » 過去の出来事2
スポンサーサイト  --月 --日 --曜日 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mixiでCheck入れる!
過去の出来事2  08月 22日 土曜日 [日々の独り言]
タイトルからしてすでに ぐったりやる気のなさが出ていますねw

もうちょっと、もうちょっと、、もうちょっとで乗り越えられる

毎日の合言葉です。
暑さには慣れてきた部分もありますが、かなりバテて体力低下してますw

精神年齢は、まあそれなりとしても
体力年齢は100歳超えてそうなので、高齢者の
熱中症が原因よる死亡というのは他人事ではないのですが
大きく違うところは、クーラーは体に毒 必要ない 
という思想がまったくないというところです!

先日も、高齢の三姉妹死亡のニュースを見て
痛ましいというか、、
どうしてこれだけ「適度な冷房を」と世間で言われているのに・・・なぜ?

我慢強いのはすごいことだし管理人などは見習わないといけないけど
台風などでの避難は早いのに、さんざん警告しているエアコンをなぜつけないのか・・・
と、熱中症のニュースをみるたびに思います。



そして 盛夏 実年齢も+1増えました

15-0817-1.jpg

花が好きなので ピンクのバラとトルコききょうのアレンジのプレゼント。

でも、夏の切花は短命なので・・・・残念です。


15-0817.jpg

自然の作る色は、いつ見てもうっとりしますね~



で、こちらは 京都のフレからの届きました。

15-0809.jpg

抹茶スイーツと~~ 大好きなごま豆腐!

アメーバで知り合ったので、会ったことはないんですけどw
共通の悩みがあるので~ww


お花つながりで 追記すると

15-0807-3.jpg


グリーンカーテンを作ろう!! しかしゴーヤは不可!
ということで、お花 (サントリーのサンパラソル)にしたんですけど
たった2本ではどうしようもなかったー!ww

グリーンカーテンに~って書いてあったのでチョイスしたのに
つるは勢いよく伸びていくものの、葉がいっぱい茂らないw

15-0807-4.jpg


で、確認したら 同じサンパラソルにも3種類あって
グリーンカーテン向きは サンパラソル・ジャイアントという種類でした
この植木鉢のは、ビューティでした。。。
今年のグリーンカーテン作戦は失敗、日差しカットできずに秋になりそうです。


で、その横の素焼きの植木がーー
再度挑戦のバラ ピエール・ドゥ・ロンサール。

初心者向きとしては不動の人気品種ですが つるバラなので植える場所に迷って
1度目、2回植えかえた結果枯らしてしまったので
今回は、移動できる植木鉢にしたんですがーー
今度は、支柱サイズが大きすぎて植木鉢に入らないというアクシデント

15-0807-5.jpg

で、この素焼き鉢は10号くらいなのですが
もっと大きいのをってことで、15号ちょいのプラ鉢を用意しました!
(ちなみに、1号=3センチですw)

でも、今は植え替えの適してないので 用意はしたものの最低でも秋まではこのまま。。



こちらは、もう伸びすぎて形が悪くなったニチニチソウのハンギング。

15-0807-6.jpg

なので、3000円→1000円に値下がりしてたので思わず買ってしまいましたw

ニチニチソウは、かなり寒くなるまでながーく咲いてくれるので
きちんと切り戻しと栄養をあげれば、まだまだこれからもキレイです!
純白で写真だと涼しげにも見えますが、

まー実際は、「涼しげな演出」をしても、暑いものは暑いです!ヽ(;´Д`)ノ






関連記事
mixiでCheck入れる!

コメント ありがとうございます!

ぉぉぅ、忘れてました、お誕生日

熱気球とはまたアグレッシヴな。
あ、でもジェットコースターが大好きってことは、
危険と隣り合わせのスリリングな生き方が染み付いているのでしょうかw
冴羽獠のようなw

熱中症三姉妹の一件ですが、
「かわいそう」という感情からではないため息が出ました。
「我慢強い」と「打たれ強い」は違うという事を理解してなかったのかと。
毎年のように犠牲者が出ているのを人ごととしてとらえていたのか。
(情報に疎いとしてもさすがに知らなかったとは思えませんし)

ところで後ろの触手コップが気になるんですがw

もっこりじゃなく、しっとり撫子を目指しておりますよー!

かっぱさん、わざわざありがとうございますー!(●´ω`●)

いやいやーw 
仮想空間でも危険のない安全なコンテンツしかやらないですから
もちろん現実世界も平坦な奥ゆかしい日々が染み付いてます~~(/∇\*)
きっとかっぱさんも、通りすがりにバンジーとかやってたら
めったにそんなチャンスないから参加すると思います!w

シティーハンターは、もう再放送まで何度もみたアニメですよー(≧∇≦)b
かっこよすぎるリョウと香、キュートな海坊主~ もうー音楽も全部好きだったですねー!
録画もたくさんありますがあの頃はたしかビデオテープだったw
いつもいい場面で聞えてくる挿入歌の
EARTH ~木の上の方舟~という曲がマイナーなところでは好きだったですが
マイナーすぎてカラオケにないというww
むかーし FFのFLASHを作っていた頃 
ヴァナを去るときはこの曲をBGMに使って最後のFLASHを作ろうと決めていたりしてw

シティーハンターの話で長くなってしまいましたー(; ̄ー ̄A


熱中症のあの事件は、、私も同じ気持ちです。
なぜ? どうして耳をかさないんだろう? って。
他の事件でも、室内熱中症の高齢者の死亡は
もう100%エアコンがついてないって言ってますもんね。
ぜったいテレビでも目に入ってくると思うのに
それに経済的な問題で不可能だという人はそんなに多くないと思うんですよね~
たぶん、「他人事」「自分は大丈夫」なんですよ。(´-ω-`;)


えーっと、、触手コップは
・・・5個ほどあります(柄違い含めて)  ・・・Σ(゜ー゜;)

最~初に好きになったのは、声♪

シティーハンターのネタでこんな反応が大きいとは思いませんでしたw
バンジーとかは遠慮したいなぁ…プールへの飛び込みはやってみたいですけど。

そういや秋からDEATH NOTEの後番組かなにかで
実写のANGEL HEARTがやるようですが…一般に受けるのかしら。
あの設定変更はパラレルワールドとか釈明されても受け入れがたかったし。
(以前深夜枠でやってたアニメのほうも低視聴率だったようで)

工エエェェ工エエェェ(●´□`●)ェェエエ工ェェエエ工 また実写ですかー??

かっぱさん、こんばんはー!

いやー 個人的に漫画やアニメの実写はやめてほしい派なので
過去に、原作よりよかった!と思えるものは記憶にありません。
(というか、1つ目のデスノートとか数作程度でほぼ見てないんですが)

コミックが先の場合はそれぞれ読み手の中でキャライメージが作られていく上に
コミック、アニメだからこその実写では難しいアクションやかっこよさみたいなものが大きいので
個人的には、シティーハンターやエンジェルハートを
まったく、またはほとんど知らない人が見るドラマとしてならいいかもしれないけど・・・と思います。

とはいうものの、エンジェルハート自体はよく知らないんですよねーw
香が死んでその心臓を移植された暗殺者~10年くらい経っている~続編じゃなくパラレルワールド
ってくらいしか知りません。

にしても、、、冴羽りょう役は・・・遺留捜査の人でしょう?(>_<。。。
キライとか合わないとかじゃなくーー
完璧にイメージできる人はいないです!!
しかも、ギャグ部分を前面に出されてもイメージダウンだしー
一般受けするような脚本になるのか、原作に忠実にやるのか・・・
グラスハートは、誰になるのか・・・・


どっちにしても コアなファンはあんまり楽しみにしてない気がしますね・・・・

こういうのでいつも思うことは
「実写」決定で、諸手を挙げてよろこぶ原作者っているのかな?ってことですw

あw

言い忘れましたが

バンジーより、飛び込みのほうが怖くないですかーー???
かっぱさん、すごいですー!ヽ(;´Д`)ノ

バンジーだったら(ゴムが切れなければ)空中散歩だけですよ?w
飛び込むときの水の衝撃ってすごいと思うんですよねー
レインボーブリッジとかそゆんじゃない川の岩場からとか
低い場所なら足からならなんとかできるかもですが、
種目になるような飛込みで両手を伸ばして頭から飛び込むなんてこわくて無理ですww

伊達じゃないのですよw

泳ぎは割とかっぱなだけに得意なのです。スピードはありませんが。
(10km程度ならそう苦もなく泳げます)

↑ああ、陸に上がって随分経つから衰えてるかもしれませんw
(10年以上泳いでませんでした)

おおおおー!!

じゅっきろーーーーーーーーーーーーーー!【ili'皿'ili】
すごいですーーーーー!!!!
ということは、船の事故で遭難したらかっぱさんの生存率はすごく高いですねー!!

私の最高記録は、小学5年のときの250メートルですよーwwww ←恥
まぁ、タイタニックだったら、
脂肪で沈まないし保温されるので私も生存率高めですがw(〇o〇;)

10キロとかの遠泳って
筋肉の使い方?が違うんでしょうねー
普通ならHPゼロ=バテてしまうから、浮力を利用したうまい手足の動かし方なんじゃないかと思うんです。
もちろん習得してないので私はサメに喰われますwww

原作者サイドの本音

島本和彦・作「燃えよペン」の中で、「こうなんだろうなー」というシーンが出てきます。

作中で、主人公の漫画家が過去の連載作品をアニメ化してもらうという話が浮上し、
ワクワクしながら打ち合わせの場に参加するんですが…そこで打ちのめされます。

原作どおりなのは主人公名ぐらいで、内容は突拍子もないオリジナルストーリー、
不条理ギャグの連発とパッケージは脈絡ない水着の女の子にすると聞かされて、
「そ、それじゃあ私のマンガとぜんぜん…」と抗議するものの、
「そっちのほうが面白いんだから仕方ない」「売るためにはこれでないと」
と押し切られ、泣いて帰宅することにw

「ちくしょう、ちくしょう、オレのマンガはああじゃないやい!」
と本棚から原作を引っ張り出して読むんですが、
過去作品の(現在の自分の作品と比較しての)出来の悪さに改めて気づかされ、
アニメには一切口を出さないと決めざるを得なくなるのですw

多分、自分の思い描いてるものと完全に一致するような出来の作品なんて、
これまでのアニメ化・ドラマ化で数えるほどしかないんではないかと。
原作者側は一任(傍観)しかないのでしょう。

やっぱり~

しがない一読者でも、イメージが~~~ヽ(;´Д`)ノって思うのに
原作者ご本人が、不安や不満がないはずないって思いました!

漫画家だって 「売れる」意識はあるとは思いますが
自分の伝えたいことや、意図したこと 登場人物の設定など
クリエイターだからこそのこだわりは、一般人よりずっとあると思うんですよね~

漫画がTVアニメになる場合でも多少の崩れは出てくるでしょうけど
動きが出る分原作のイメージを忠実かつアップできる場合もありますが
実写版ともなるとそれはヘタしたらまったく別物になる恐れもあるし
作家からしたら、自分が育て上げたわが子のような作品を
めちゃくちゃにされるかもしれない不安がぜったいあるはずだと(〇o〇;)

なのに、原作者コメントでは 
〇〇さんに演じていただけるとは光栄ですとかなんとか
それっぽい喜びの言葉を並べないといけない みたいな~

実写化→嫁に出した娘 苗字も変わって ただ幸せになってくれるよう遠くから願う
でも、娘は金持ちに嫁いで多少の援助をしてもらえるかも~的な?・・・ヽ(゜ー゜;)ノ

◇◆◇ コメントの投稿 よろしければお願いします(●⌒ー⌒●) ◇◆◇

 
管理者にだけ表示を許可する ←現在「非公開」は受け付けない設定にしてますm( __ __ )m

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。