桃色style ホーム » ペット » 少しでも元気で長く
少しでも元気で長く  03月 18日 金曜日 [日々の独り言]
16-0316-1.jpg

御歳17歳3ヶ月のT君です。

いつかはこのT君が天国に召されたとお知らせする記事を書くことになるんだろうな~と
漠然と思っていますが、、、、

ここ数ヶ月で急に加齢が進んだというか、トシを取って弱ってきました。
素人トリマーの発動も、ここんところ見えない恐怖で暴れるので
なかなかカットできず、、見た目のむさくるしさが・・・・(>_<。。。

目は白内障でほぼ見えません。 少しだけ明るさがわかるようです。
音も相当大きい音でないと聴こえません。
かろうじて、嗅覚だけが残った感じですがそれもいつまでわかるのか・・・

朝、焼き立てパンのいい匂いとか、
夕ご飯の料理の匂い(特に肉料理)につられて起き上がってくるので
まだ匂いはある程度わかるようです。

そのT君が、先日5日の明け方に 鳴き声で目が覚め見たら
床で痙攣して足をばたばたさせていました。
数分で収まったのでいつもの寝床に寝かせて管理人もまた寝ましたが
もしかしたら、朝起きたら息をしてないかもしれない・・・と。

その後も、4回ほど痙攣が起こり
そうなると、、右脚が麻痺したようになって歩けないのに
パニックになったように、壁などにもたれながら歩き続けることを1時間くらい続け
それが止まると、発作のようなものが収まった感じで いつものとおりに戻って寝る
という 飼い主としては目が離せない状態に。

もちろん病院には連れて行きましたが
痙攣の原因ははっきりわからず・・・・
おまけに、後ろ足が膝蓋骨脱臼。
血液検査では、腎臓と肝臓の数値が悪く
人間で言えば、腎不全で要透析状態なことがわかりました。
以前からある心臓のほうは、めちゃくちゃ悪化はしてないようですが・・・

できる対策だけでもと
16-0310.jpg

急きょ、トイレの場所を囲むことに。
100均のマットです。 新聞紙に包んであるのは普通のブロック。
片付け途中だったので、例のスチール製引き出しや雑誌(どっちもゴミ)も壁固定用に動員。
もし痙攣後我を忘れて俳諧しても、同じ場所をぐるぐる回るようにしました。

16-0316.jpg

食事場所は別の部屋ですが、記憶のみで動いているので
フローリングはダメといわれたんですが
いまさら場所を変えられず・・・(T_T)
ご飯と水のテーブル?の前にはマットを敷いてすべらないように。
見えないし、歯も隙間だらけなので口からもこぼしまくるしで 汚いです。(´Д⊂

水は、匂いがないので場所がわからずなかなかうまく飲めないので
匂いがする水という意味+栄養補助で
スキムミルクを38度のお湯で溶いて(心臓の薬も溶かす)水分補給に。
高さも、鼻の高さに近づけにおいがわかりやすいように、
食道や胃より口を高い位置にして逆流予防にも。

ご飯は、だんだんわがままになってきて・・・でも 食べないとどんどんやせてしまうので
子犬用レトルトパックやら、人間用のササミや鶏ムネ肉ミンチとかを茹でた自家製ご飯やら
飽きないよう日によってメニューを変えたりしています。


で、脱臼はもう麻酔ができないので 脱臼したまま治せず・・・
ふらつきや転倒を少しでも減らせるよう

16-0315.jpg

オリジナル靴下製作!!

水色の生地は、少し厚手のフライス(ニット生地の一種)
白い細かめのメッシュ生地は、ウレタン製っぽい滑り止め
 (納戸整理で発掘された10年以上前の購入品何に使うつもりだったか不明)

16-0316-2.jpg

靴下型にして 口をゴムテープ(無駄にフリル付き)で脱げないよう固定。

これが予想外に高性能でw 
いままでフローリングだと開脚してしまってた後ろ足が
しっかり床をホールドしている感じで滑っていません!

夜中は、自分でトイレに立ち上がるものの
立ち止まっていることが多く前に進まないので(たぶんかたつむりより遅い;)
抱っこしてトイレまで連れて行ったり、戻ってこないので連れに行ったり
寝床でうまく寝れなくてクゥーンクゥーン鳴くので寝かしてお布団をかけたり

というのが、一晩に2回ほど( TДT)
よくTVのニュースで 介護疲れで無理心中とか、、ありますよね?

なんか、、5キロ程度の小さい犬、しかも何もしゃべらない 憎まれ口も言わず
オムツをしているわけでもない 介護というほどじゃなくても
夜何度も起きる介護 食事などの世話程度でもけっこうしんどいです。
これが人間の介護だったら きっと百倍千倍 いやそれ以上たいへんだと想像できるので
そういうニュースをきくたび、、辛くなります。

痙攣の発作は、もしも原因が脳腫瘍だった場合は
どんどん発作の間隔が短くなってくるんだとか。
(MRI検査は 麻酔ができず検査不可ですが
たとえ検査できて腫瘍だとわかったところでどうすることもできないし意味がないので)

今のところ、痙攣が起きたのは5日に2回と、9日に3回だけなのですが
このさき、どうなることか、、
腎不全対策で、点滴にも行っています。(週に1度程度)
人工透析の代わりで、点滴といっても皮下注射なのでそれほど時間はかかりませんが
T君は病院が嫌いだし、点滴の間中あばれるし、怖くて鳴いてるんで
点滴が、、T君にとっていいのかわるいのか・・・・自然にまかせたほうがいいのかも~
と思いながらも、、少しでも延命できればという飼い主のエゴともいえる思いもあって。

いつかはそばにいなくなる

それはわかっているんですが

いよいよそれが近づいてきたんだ

そう考えるだけで途方にくれます。

できれば苦しまず、眠るように

そう祈りつつも、T君はずっと横にいる

いなくならない

夢みたいなことを考えて現実逃避してしまいます。


関連記事
mixiでCheck入れる!

コメント ありがとうございます!

◇◆◇ コメントの投稿 よろしければお願いします(●⌒ー⌒●) ◇◆◇

 
管理者にだけ表示を許可する ←現在「非公開」は受け付けない設定にしてますm( __ __ )m