桃色style ホーム » ペット » 急変、そして選ぶことができるか
急変、そして選ぶことができるか  07月 08日 金曜日 [日々の独り言]

7日に書いた記事のあとの話です。
といってもその記事を書いてから24時間しか経っていませんが。


隣家で借りてきたペット用サークル・・・遅かったです。
7日の早朝~8日早朝にかけての数回のてんかん発作で
まったく手足が動かなくなりました。

つまり フラフラとでも歩けなくなってしまったので
サークルで囲う意味がなくなってしまったという・・・

そして、どうやっても鳴き続ける状態、寝ている状態のどちらかだけになりました。


運の悪いことに7日は木曜で病院が休みだったので
8日の午前中に病院にT君を連れて行きました。


[広告 ] VPS


診察台で点滴中のT君動画(18秒)


獣医さんの話では

脳のダメージがかなり進んでしまっていて
もしかしたら、あと数日かもしれません。
とのことでした。

病院でも鳴き続けていたので
先生も、、T君の体力消耗だけじゃなく飼い主側の疲労や近所迷惑を考えてくれて
安定剤を出してくれました。

本来なら1日1回らしいですが
1日何回まで使っていいですか?と聞いたら
「うーん、、3回・・・・いや、、もう回数は気にせずに」と。
多用を気にするほど寿命が残ってないということなんだな、、と思いました。

いつもの点滴をしつつ、その安定剤(シロップ)を
その場で1回目として飲ませてくれました。



[広告 ] VPS



点滴が終わって待合室へ出てきたところのT君。(16秒の動画)

まだ安定剤が効いてないので鳴き続けていますが
ほかのペット連れの来院者は、うるさいとも言わず心配そうに覗き込んでくれたり
クッションを抱えている管理人にドアを開けてくれたりしました。


いままでは、素で測っていた体重も
今回はもう、クッションのまま診察台に乗せてて測ることもなかったです。。。

でも、抱っこしててもわかりました。。ガリガリに痩せてめちゃくちゃ軽いことを。




[広告 ] VPS


帰りの車の中のT君(15秒の動画)

信号待ちの間に運転席側から助手席側のT君を撮ったので見にくいですが(/--)/
仮死状態?と思うほど、手足も震えず口が半開きで熟睡しています!!!
(車内のBGMは気にしないでください(・:゚д゚:・))



てんかん発作を抑えることが優先なので、薬が1日2回になりました。
48時間まったく固形物を口にしなかったT君が8日に日付がかわった深夜に
突然人間用シリアルをガブガブ食べたのも、自分の意思というより本能的なものという感じで
同じように、鳴き続けるのもどこから痛い、何かの要求という意味合いとは思えなくなってきました。

T君がどう思っているのかわかりません。。

先生に、安楽死について聞きました。
先生は 
動物は死にたいと思っているわけではないです。
ここまで長い間がんばってきたんだから 最期まで看取ってあげてほしいとは思いますが
飼い主さんの体の限界もあるしご近所のこともあるので、それはやはり飼い主さんの判断です、と。

ネットでもいろいろ調べました。
読んだ限りでは どちらの結論を出しても その逆のほうが良かったんじゃないかと悩み
飼い主は自身が100%満足できる結果だったとは思えず、なにかしらの後悔がかならずある、と。

決める ということがとても苦手な管理人なので
近い未来、、自分はどっちの後悔をするんだろう。




関連記事
mixiでCheck入れる!

コメント ありがとうございます!

◇◆◇ コメントの投稿 よろしければお願いします(●⌒ー⌒●) ◇◆◇

 
管理者にだけ表示を許可する ←現在「非公開」は受け付けない設定にしてますm( __ __ )m