FC2ブログ
桃色style ホーム » スポンサー広告 » ペット » いつかの日
スポンサーサイト  --月 --日 --曜日 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
mixiでCheck入れる!
いつかの日  08月 15日 月曜日 [日々の独り言]
いつか この日が来るのは分かっていました。

8月9日、午前7時 T君が天国に旅立ちました。

16-0812.jpg




17歳9ヶ月、、ずいぶん長くそばにいてくれました。

1.2日ぼぉーっとしていました。
その後の数日は ブログにどうやって書こう?
ということよりも、書いたらまた思い出して泣けてくるだろうし
なにより現実としてもっとはっきり理解してしまう気がして書けませんでした。



16-0812-1.jpg

外付けHDD2台から拾ってきた500枚ほどの昔のT君の写真。
今のPCにフォルダを作ってまとめました。
目が黒いT君をすごく久々に見ました。
ずいぶん前から白内障で真っ白だったので。

HDに入っている画像=2004年3月が一番古くて
考えてみたら FFXIを始めたのが2003年10月だったと思うので
管理人のネット生活が始まった頃。 
なので、HDに残っていた画像はほとんどブログなどに載せる目的で撮ったweb用
印刷には向かないサイズの小さいものばかり。
今頃になって、印刷することも考えて撮ればよかったなぁ~と後悔しました。

けれどネットゲームを始めたことで ブログやホームページを作り始めたことで
人生観?というと大げさですが、考え方とか目線がおおきく変わっていった時期。

もしかしたらT君のいた17年が 管理人の人生で一番充実してた時代なんじゃないだろうか。


記憶容量が少ないのであんまり覚えてないのですが
抜け殻のようで何もする気が起きない今だから そう思えるのかもしれません。


16-0809.jpg

最期のお別れの後 少しのご飯とお花、感謝の気持ちを書いた手紙
何年も前からT君が旅立つとき包んであげようと決めていた
管理人唯一の全手縫いのパッチワークキルトと一緒に 火葬炉へ。

ひねくれものだし プライドが高いから?負けず嫌いだから?
いままで人前で声を出してぜったいに泣かない管理人でしたが
このときはどうしようもなく泣いてしまいました。

外はぬけるような青空でした。




今日は、ペットサークルを解体して隣家に返しにいってきました。
玄関あたりにはまだ新聞紙などに包んだコンクリートブロックがいっぱい置きっぱなし。
ここ数ヶ月で作った介護用品や、T君の服がどうしても捨てられません。
置いておいてもどうしようもないのですが。

ずっとお世話になった動物病院の先生にもまだお知らせしていないし
近所へ夜中の鳴き声の件でお詫びの手紙を6月に配ったままで最期の報告をしてないし
役場にも届出していません。
優先順位は、ご近所>獣医さん>役場 かなと思っていますが
暑さのせいもあって、ぼぉーっと過ごしているだけです。

「ペットロス」っていう言葉もあるし
数年引きずる人もいるらしいです。
管理人は情の深い心のやさしい人間じゃないので
そんなに長く引きずることはないんじゃないかなぁと思いますが
元々情緒不安定な躁鬱っぽいところがあるので・・・・・どうなるのか自分でもわかりません。



もっともっと気持ちが落ち着いたら
このブログにも、、T君の写真をまたのせるかもしれません。



場所を何度も引っ越しましたが ブログを始めて13年以上。
何度となく書いたT君の話。
覗いてくださる少数の奇特な方々の記憶にも少し残っているかと思います。

あたたかく見守っていただき、ありがとうございました。


関連記事
mixiでCheck入れる!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。